洗濯の畳む・仕舞うを楽に!WTC(ウォークスルークローゼット)で着替えも効率化する!

はい、みなさんこんにちは フーゴです。

間取り編第4回になります。

前回は、クローゼットを干し場の近くに配置して

洗濯における、畳む・仕舞うを効率化しました。

 

 

そしてさらにこのクローゼットをWTCにすることで

着替えまでも効率化することができるのです。

今回はこのWTC(ウォークスルークローゼット)について解説します。

 

それでは間取り編4スタートです。

 

スポンサーリンク

洗濯 畳む 仕舞う だけでなく、着替えも楽に

WTCで着替えを楽に

WIC(ウォークインクローゼット)はみなさん馴染みがあると思います。

人が出入りできる大きさの衣類収納スペースですね。

では、WTC(ウォークスルークローゼット)とはなんでしょうか。

 

ずばり、WTCとは…

 

部屋と部屋の間にあり、人が通り抜けられるクローゼットです(どや)

 

そうなんですよ、部屋の移動の際にこのWTCを通って移動できるんですよ。

こうすると何がいいかというとですね、

 

朝起きて、クローゼットで着替え、そのまま洗面台に直行できるのです(どどや)

通勤前の時間のない朝にこの仕様はありがたいですよね。

 

ただしここで注意点が。

洗面所はいわゆる水回りです。

うちの場合、その隣には脱衣所と風呂があります。

そうなると気になるのは…

 

そうです、湿気です。

クローゼットはもちろんのことながら衣類があるわけで

湿気は大敵ですね。

利便性を追求しすぎると、この湿気で服がダメになるわけです。

そこで私フーゴは考えました。

 

fu-go
fu-go

いったんダイニング挟めばよくね?

 

なんのこっちゃと思うでしょう。

それでは間取り図を見てみましょう。

 

湿気対策もバッチリなWTCの間取り図紹介

では間取り図をご覧ください。

 

右上の【窓】は無視してください。あそこの窓を無くそうと書き込んでたんです(汗

ダイニングを挟むとはですね、

洗面所(干し場)とWTCを直で繋げるのではなく

いったんダイニングを間に入れることで

湿気が直接WTCに行くのを防ぐ仕様のことです。

 

どうですか、これ。よくないすか、これ。

ちなみにWTCの左の部屋が主寝室です。

ソファの奥にベッドを置くようにしてます。

 

まぁこんな感じで、洗濯〜着替えまでを楽にする間取りを紹介させていただきました。

 

まとめ

間取り編で最初に取り上げた【洗濯】でしたが、

当初の予定よりボリュームが大きくなりました。

着替えに関してまで言及したせいでしょうね。

 

しかしまぁマイホーム購入は一大イベントでして

マイホーム持ちの方はみな何かしらこだわりがあると思います。

うちではこの洗濯・着替えの割合が大きかったみたいですね。

 

とういわけで、計4回に渡ってお届けした【間取り 洗濯編】でしたが

いちおう今回で終わりです。

 

jojojo
フーゴ

次はなんにすっぺ?

奥様
奥様

あれがいいべや。ハイドア。

次回をお楽しみに。

↓ポチってくれると、このブログのランキングが分かります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました