おすすめおもちゃ キティといっしょにあいうえお を紹介!

はい、こんにちは、フーゴです。

今回は、

ハローキティといっしょにあいうえお】 を紹介しようと思います。

まずは画像をドン。

それでは、

ハローキティといっしょにあいうえお】を購入した際の

メリット・デメリットを紹介していきます!

まずはメリット4選から!

キティといっしょにあいうえお 購入のメリット4選

1 ひらがなを発音とイラストで覚えられる

開いた状態の画像がこれです。

この【あそびかた】の左側に注目。

それぞれのボタンにはひらがなの文字とイラストが書いてあり

1度おすと文字を発音し

続けてもう1度おすとイラストの名前を発音します。

文字の発音だけではなかなか覚えきれなくても

イラストと一緒に発音してくれることで

覚えやすくなってるんですね。

ウチの子も何回もボタンを押してひらがなを覚えてました。

2 ひらがなの書き順表つき

さきほどの【あそびかた】は冊子になっていて

ひらがなの書き順表もついています。

 

ボタンに書かれたイラストの拡大もあるので非常にみやすいです

こういう親切設計は本当にありがたいですよね。

3 3種類の問題つき

これが実は一番のお気に入りポイントです。

この【ハローキティといっしょにあいうえお】には

3種類のひらがな問題プログラムが内蔵されています。

それぞれ対応するボタンを押すと問題が始まります。

もんだい①でいえば、

『あさがおの「あ」をおしてね』

とキティ様がしゃべるので、「あ」を探して押します。

これで発音と文字の一致が進みます。

 

もんだい②でいえば、

『文字を順番に押してね 「あさがお」』

とキティ様がしゃべるので、

「あ・さ・が・お」を順番に押します。

これで単語を学べます。

 

もんだい③でいえば、

『あさがおの次はなぁに?』

とキティ様がしゃべるので、「お」を探して押すと

『おりがみ』としゃべります。

これでしりとりができるようになります。

 

しりとりまで行けたら、ひらがなマスターでしょう。

4 録音機能つき

『きおく』ボタンと『さいせい』ボタンがあり

これで単語や文章をキティ様にしゃべらせることができます。

うちのこは自分の名前をキティ様にしゃべらせて遊んでます。

 

以上でメリット4選になります。

続いてデメリット2選です。

キティといっしょにあいうえお 購入のデメリット2選

1 小さい『や・ゆ・よ』を使った文字が難しい

いわゆる拗音(ようおん)というやつですね。

きゃ・きゅ・きょ とかです。

「きゃ」という拗音を使う場合は

『ようおん』ボタンを押してから

「き」と「ゃ」を押す必要があります。

小さい子供にとってはなかなか難しい操作です。

2 イラストの発音がジャマな時がある

メリットでも挙げたイラストの発音(2度押し)ですが

2度押したつもりがないときにもイラスト発音をすることがあります。

あ・い・う・え・お と順番に押していきたいのに

あ・い、いるか・う・え、えんぴつ・お

となるわけです。

うまくいかないことで子供は少しいらつきます。

 

ちなみに、『きおく』ボタンを押してからなら

2度押してもイラストの発音はしませんので

お子さんが2度押しでイラついているときは試してください。

まとめ

ハローキティといっしょにあいうえお】を購入した際の

メリット4選・デメリット2選を紹介しました。

いかがだったでしょうか。

ひらがなの勉強がはじまると

自分の子供がうまく学べているか不安になりますよね。

この【ハローキティといっしょにあいうえお】なら

楽しく学べて効果もあり、非常にいい商品だと思います。

 

jojojo
フーゴ
これは いいかいもの だたね。
奥様
奥様
ひらがなの勉強をやりなおそうか。
次回をお楽しみに。ばいばい。

↓ポチってくれると、このブログのランキングが分かります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました