注文住宅のために,どのように土地を購入したか 驚きの方法とは 前編 土地探し編3

はい、こんにちは  フーゴです。

前回の土地探し編2では、希望の土地が見つかったものの

既に3件申し込まれていたというポルナレフ状態で終わりました。

その後、どうやって土地を手に入れたか

前・後編に分けてお伝えします。

乞うご期待です。

まずは前編スタート!

スポンサーリンク

希望の土地が見つかるも…

既に3件の申し込みあり

駅への近さ

土地の広さ

周辺環境

どれを取ってもほぼ希望通りの土地がついに出たのもつかの間、

申し込みをしたと思ったら既に3件の申し込みがあり

絶望に追い込まれるフーゴ達。

彼らに待ち受ける運命とは…

 

基本的に土地の購入は申し込み順のことが多く

既に3件の申し込みがあったということは

われわれは4番目ということ。

2番目くらいならいざ知らず

土地購入において、申し込み4番目は絶望的なのです。

 

まぁとにかくショックでした。

というかもう怒りですね。

なぜだ、なぜなんだと。

こうも土地を欲しているのに、土地の女神は振り向いてくれないのかと。

また光の見えない土地探しがスタートか。

そんな風に考えていました。

しかし、ふと思ったんです。

われわれはネットに掲載された当日に問い合わせした。

たしかに少し工務店さんに相談などをしたので

掲載から時間は経ってはいた。

いったいどうすれば良かったのか。

誰か、教えてくれ。

 

そう思った時には、例の土地を仲介している不動産会社の前にいました。

必死の思いで会社凸

この疑問をスッキリさせないことには次に行けない。

ええぃ、ままよ の精神です。

会社前で電話をかけます。

 

jojojo
フーゴ

もしもし、フーゴというものです。

例の土地を手に入れるためにはどうすればよかったか

教えてくだせぇ。

(なんだこいつ)

はぁ、どうしましょうか。

jojojo
フーゴ

いま会社の目の前にいるのでお話しだけでも。

!?

そこからすぐに社内に入れてもらえ、待つこと数分。

やってきました、担当者さんが。

 

怪しい者じゃないことを十分に説明した上で(いや怪しいだろ)

私が土地を欲している理由を正直に伝えました。

主には早く子供達に新しい家を作ってあげたいということを

とにかく情熱をのせて伝えました。

また、土地探しがうまくいかず、やっと見つけた物件であったことも伝えました。

 

どうすれば今回の土地を手に入れられたのか

何がいけなかったのか。

少しでも今後の土地探しのヒントになればと必死でした。

あきらめかけた、その時

話終わってからしばらく、担当者さんは無言でした。

まぁ無理はないよな、いきなり会社に来るなんて、

相当おかしなイメージ持たれたよな。

大人しく家に帰って、ビールで一杯やろう。

自分を慰めよう。

そう思った、その時。

 

担当者さん「いま、私はあなたにこの土地を売りたいと思い始めました。」

 

なん、だと、、!?

 

次回をお楽しみに。

 

まとめ

 

jojojo
フーゴ

好きな言葉は情熱です。

奥様
奥様

あやうく通報もんだぞ。

 

↓ポチってくれると、このブログのランキングが分かります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました