フラット35の審査で気をつけるべきこと!注文住宅 住宅ローン編1

はい、こんにちは フーゴです。

計4回に渡りお届けした土地探し編は前回で終了しました。

そして今回から、【マイホーム】は新章に突入します。

その名も、

 

【住宅ローン編】 べべん!

 

マイホームは非常に高い買い物です。

キャッシュ一括で購入できる方ならともかく

私を含め多くの方は住宅ローンを利用すると思います。

私は住宅金融支援機構が提供している【フラット35】を利用しました。

フラット35にまつわる色々について書いていきますので、

みなさんの参考に少しでもなればと思います。

 

それでは、住宅ローン編1 スタートです。

jojojo
フーゴ

はじまるよーん。

スポンサーリンク

住宅ローン申し込み 事前審査

フラット35 つなぎローン

住宅ローンとしては一番有名といっても過言ではないのが

このフラット35です。

実はフラット20やフラット50というプランもありますが、

多くの方はフラット35を選択するのではないでしょうか。

ちなみにみなさん、フラット35の融資が

いつ実行されるか知ってますか?

 

フラット35の融資実行は、

建物が建った後なのです。

 

知ってました?

私は全くわかってませんでした。

 

そもそも注文住宅の場合、まず土地購入費用がかかります。

そして、建物を建てていくなかで

着工金(立て始め)

中間金(立ててる途中)

竣工金(立て終わり)

という3回に分けて建築代金を支払うわけです。

 

しかし、フラット35の場合は建物が建ってからの融資となるため

その間を繋ぐ融資が必要となります。

これが、つなぎローンです。

そして、フラット35およびつなぎローンの審査に無事に通って融資が下りると

土地の売買契約をむすぶことができます。

 

つまり何を言いたいかというとですね、

買いたい土地が出てきて申し込んだとして、

住宅ローンに通ってないと買えないわけですよ。

 

住宅ローンは事前審査本審査があり。

2つを合わせると最低でも1ヶ月は見ておいた方がいいです。

話によると、本審査の結果まで数ヶ月かかった挙句

審査に落ちたという人もいるくらいです。

 

せっかく見つけた希望の土地があったとしても、

本審査に時間がかかったり審査に落ちれば

その土地は他の人の手に渡るのです。

事前審査はできる限り早めに

先ほど述べたように、審査には2種類あります。

その中で事前審査というものは

まだ土地が決まっていない状態でも受けることができます。

住宅ローンを利用される方はぜひ早めに審査を受けましょう。

利用する金融機関によって提出書類は変わりますが、

私の場合は以下の内容でした。

身分を証明できるもの(運転免許証など)

健康保険証

直近2年分の源泉徴収票

納税証明書

しかしここで問題が生じます。

2年前の源泉徴収票が見つからないのです…

 

ちょうど引っ越しをしている時期であり、

そのごたごたで捨ててしまったのでしょうか。

どこをどう探しても見つかりません。

 

上記を正直に伝えたところ、もし確定申告をしているのであれば

その申告書でも代用可能とのこと。

 

実は私はいくつか給与所得があるため毎年確定申告をしています。

e-TAXで申告していたので、申告書のデータは保存していました。

 

jojojo
フーゴ

ふぅ、あぶねあぶね。

事前審査 結果発表

事前審査の結果は大体1週間くらいでわかるとのこと。

実際、この頃はまだ土地も見つかっていない状態だったので、

審査の結果に一喜一憂なんてこともなく、

1週間後に普通に通知を受け取りました。

 

【合格】

 

ふーんって感じです。

しかしね、この後待ち受ける本審査はわけが違いました。

なんとも落ち着かない日々がフーゴ達を待ち受けていたのです。

 

以上、今回はここまで。

まとめ

住宅ローン、おもにフラット35についてと

事前審査についてお伝えしました。

源泉徴収票はとっておくべきですね。

 

jojojo
フーゴ

だってあの時は家建てるつもりなかったし。

奥様
奥様

いいわけすな。

 

↓ポチってくれると、このブログのランキングが分かります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました