おすすめおもちゃ アンパンマン ボールテント パンこうじょう を紹介!

はい、こんにちは フーゴです。

今回は、【アンパンマン  ボールテント パンこうじょう】を紹介します。

まずは画像をどん。

  それでは、【アンパンマン  ボールテント パンこうじょう】購入の

メリット、デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

アンパンマン ボールテント パンこうじょう

アンパンマン ボールテント パンこうじょう 購入のメリット3選

それでは、メリット3選から始めていきましょう!

1 遊びがたくさん 10種類!

公式でも言っていますが、10種類の遊びが楽しめます。

この中からいくつかピックアップ!

えんとつからざっぱ〜ん

屋根にクリームパンダちゃんがいて、その横にえんとつがあります。

 

えんとつはテント内に繋がっており、ここから4色のボールを

ざっぱ〜ん!

することができるのです。

小さい子供にとっては堪りませんな。

ちなみに、セットのボールは

・緑 (緑のマーカーがねぇ!)

が各20個ずつ、計80個も同封されてます!

バスケ遊び、玉入れ遊び、サッカー遊び

3つまとめて紹介します。

まずはバスケ遊び!

バイキンマン達がいるバスケコートです。

付属のカラーボールでバスケができます。

ちなみに、ネットの下側は留めることができ

玉入れもすることができます。

そして、こちらがサーカーゴール。

最強キーパーのかびるんるんが守ります。

いけ、シュート。

いや、手やん。

お届け遊び

玄関ドア横にはポストがついてます。

 

うちの子はよくここから絵本を入れてます。

可愛い。

2 テント内にもしかけがいっぱい

中からの景色をいくつかお届けします。

  

外からみても内からみても

アンパンマン達キャラクターがはっきりと見えるんですよね。

何気にこれはすごいと思います。

そして、上の写真にも挙げた釜戸のドアを開けると…

 

新しい顔が焼けてました。

元気100倍 アンパンマン!

 

他にも、色分け遊びもできます。

 

3 軽い

サイズは大きいですが、テント自体はすごく軽いです。

カラーボールも重さがあってないようなものなので

小さい子供でも簡単に移動させることができます。

お掃除の際にもサッと動かせていいと思います。

 

以上が【アンパンマン  ボールテント パンこうじょう】購入のメリット3選でした。

続いては【アンパンマン  ボールテント パンこうじょう】購入のデメリット2選です。

アンパンマン ボールテント パンこうじょう購入のデメリット2選

1 大人にとって玄関ドアが狭い

子供はとにかく親と遊びたがるものです。

この商品は子供にとってちょっとした秘密基地にもなります。

そんな基地に親を招待しようとします。

ただここで問題が。

玄関ドアが子供でも少し小さい仕様です。

これを大人がくぐるとなると結構大変です。

 

そんな時におすすめの方法を見つけました。

ご覧ください。

そうです。屋根を外して上から入るのです。

屋根は簡単に外れる仕様なので、これなら楽ですね。

2 場所を取る

軽くて簡単に動かすことはできますが

やっぱりそれなりの大きさがあり場所をとります。

畳めば小さくなるテントですが

毎回畳むのは少し面倒なので

出しっ放しにすることが多いです。

それなりに大きさがあるので、やはり場所をとりますね。

 

  以上が【アンパンマン  ボールテント パンこうじょう】購入のデメリット2選です。

まとめ

場所をとるというデメリットはあるも、

こういうテントは子供にとって楽しくて堪らない空間です。

ぜひお子さんと一緒に遊んでみてください。

 

jojojo
フーゴ
屋根外しからの上から侵入。このアイデア天才じゃね?
 
奥様
奥様
すごいねー(棒)

それではまた次回。バイバイ。

↓ポチってくれると、このブログのランキングが分かります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました