フラット35の本審査 合格! 注文住宅 住宅ローン編3

はい、みなさんこんにちは フーゴです。

住宅ローン編の3回目になります。

 

前回は本審査の結果がもう少しでわかるとこまでお伝えしました。

 

 

今回はその後の本審査結果について書いていきますので、よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

フラット35 本審査結果

本審査結果は…

フーゴさん、本審査の結果ですが…

というところで前回終わりましたが

本審査の結果は…

 

無事に審査に通りました。

あの時の安堵感はやばかったです。

 

結果的には、マイペイスリボは問題ありませんでした。

もちろん設定上限を超えてリボ払いになった場合はダメですが。

 

あと借入に関して、私の場合は車のローンがあと3年残ってましたが

そこは大丈夫だったようです。

あぁ、本当によかった。

売主への振込 つかの間の小金持ち

土地の売主への代金振込期限が迫っていました。

 

そうなのです。

この土地購入するよ、と手を上げてから

じゃあいついつまでにお金ちょうだいね、と言われるわけです。

その間は大体1ヶ月程度(交渉次第でもう少し伸ばせることもあります。)

 

その間に住宅ローンの本審査に通って金銭消費賃借契約を結びます。

 

金銭消費賃借契約??

という感じでしたが、要は金融機関とローン借主が、借入金額、返済年数、借入条件(金利・担保等)を約定するために交わす契約のことです。

略して、金消契約といったりします。

 

これが終わるとお金を振り込む準備ができるわけです。

 

そして、司法書士の方を交えて、銀行の一室を借りて振込が始まります。

ドキドキしながらハンコを押します。

そして土地代金がまず私の口座に。

 

…おいおい、桁がちがうぜ。

 

と思ったのもつかの間、すぐに売主にそのお金が振り込まれます。

一瞬だけ小金持ちになったのでした。

 

そのまま登記関係を諸々やっていただき、取引終了です。

あぁ、やっと終わった。

始めての地主 解体待ち

こうして、生まれて始めて土地の権利を獲得し

地主というものになりました。

・駅から徒歩10分

・85坪

・平坦地

・周囲に商業施設多数

という、かなりの良条件の土地でした。

 

ただし、この土地は更地ではなく家が残っていましたので

解体作業が必要でした。

なのでまだ土地の全貌というものはわかっていない状態です。

 

とはいっても非常に気分がいいものです。

無駄に行っては、土地を眺める日々が始まりました。

土地探し、住宅ローン契約を振り返って

思えば8ヶ月前。

マイホームを持ちたいと思ったところから始まりました。

希望する工務店さんは早くに決めたのですが

そこから土地がみつかるまでに思ったより時間がかかりました。

途中で諦めようと考えたこともあります。

しかし、最後は情熱の勝利でした。

 

土地探しで挫折する人はけっこういるんじゃないかと思います。

でも、諦めなければきっと理想に近い土地は出ます。

実際私はそうでした。

マイホーム検討中の方は決して投げ出さずに

辛抱強く粘りましょう。

 

そして、住宅ローン。

マイホーム自体が負債ということは承知しても、

やはり日々の満足感を得る上でもマイホーム購入は魅力的です。

いまは超低金利の時代ですし、わざわざ繰上げ返済をする必要もないと思います。

万が一の際には団体信用生命保険(団信)に入っていれば支払いがなくなりますしね。

現段階でのフラット35は、デフォルトで団信がついているので安心です。

 

まぁそうはいっても私は繰上げ返済を目指すんですが…

その話はまだいずれ話しましょう。

 

とにかく、マイホーム購入で多くの方が必要となる住宅ローン。

事前審査に本審査と、いろいろな注意点がありました。

結果的に、本審査は8日ほどで通りましたが

人によってはもっと長期間かかる方もいるようです。

とにかく時間には余裕を持って。

せっかく見つけた理想の土地を他の人に取られないように気を付けましょう。

まとめ

フラット35本審査の結果、およびその後をお伝えしました。

みなさんもよい土地に出会えますように。

 

jojojo
フーゴ

大地主に俺はなる。

奥様
奥様

トータルバウンティ100円からスタートです。

 

次回をお楽しみに。

↓ポチってくれると、このブログのランキングが分かります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました